月に込めた想いは千里を走る

「起業家」のこと、どのように感じているかな。「釣り名人」って、常識的にはどんな感じで考えられているんだろう。べつに考察するわけじゃないんだけどね。

トップページ >

無我夢中で話すあの子と紅葉の山

去年の真夏、クーラーの効いた部屋の中で冷えた飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私はまれに熱中症にかかっていたので、水分を取るのが必須だと考えたから。
クーラーの効いた部屋の中で、キャミそれにミリンダにアイスコーヒーとか。
だから、快適に過ごせたと思っていた夏。
秋が過ぎ、その年の冬に、前の年の冬よりもかなり震えを感じることが多くなった。
外に出る業務が増えたこともあるが、体が冷えすぎてなるべく部屋から出れないという事態。
なので、きっと、猛暑の中の生活習慣は冬の冷えにもつながると思う。
十分に栄養を取り、偏りの少ない過ごし方をするのが懸命だと思う。

雨が降る土曜の早朝はビールを
きのうは、梅雨があけてから初めて雨になった。
餌釣りの約束を釣り仲間としていたのだが、雷が鳴ってきたので、さすがに危なくて行けなかった。
気がついたら、雨が降っていなかったので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行く道具の準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから釣り場に来ていた釣り人が、あわてて釣り道具を片づけていた。
餌を解凍して用意していたのにもったいなかった。
天気のよい休みにと言って道具をしまった。
明後日からは晴れが続くそうだ。
なので、今度こそ行きたい。

気分良く口笛を吹く弟と飛行機雲

私の師匠が此の程フカセ釣りに近所のよく行く場所に出向いたらしいが、ちょっとしかかからなかったらしい。
コッパがたくさんで、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
だけれども、しかし外道だがイノコの40cmクラスが釣れたらしいから、いいなと思う。
何年か前にわけてもらって刺身にして口に入れたがめっちゃ味わい深かった。
50cmもあってうまい魚があがったと聞いたら出かけたくなるが、今すぐというわけにはいかないので今度だ。

怒って話す友人と夕立
今日この頃、横腹のぜい肉を減らさないとと考え毎晩、筋トレをしている。
娘を自分の体の上にのせて回数を声を出し数えながら腹筋をしたら、わが子とのふれあいにもなるし、わが子も数を記憶するし、自分の見苦しい脂肪もそぎ落とされるし、一石二鳥だと考えていたけれど、はじめのうちは、喜んでいた娘もだれたのか、しなくなってしまった。

じめじめした金曜の日没にゆっくりと

太宰の斜陽の、好きの私は、三津浜の安田屋旅館に宿泊に行った。
一緒に太宰大好きの母。
ここ安田屋旅館は、作家の太宰が斜陽の一部を執筆するために宿泊した海が見える旅館。
階段を動くと、ギシッと、音が聞こえる。
女将さんに見せてもらったのは、彼が宿泊した二階にある古びた部屋。
雪をかぶった富士山が半分だけ、顔を見せていた。
目の前の海の中には生け簀が張ってあった。
この辺は足を運んだ甲斐が大いにある。

前のめりで熱弁する子供と夕立
出身地が異なると経験が違うのを結婚してからとっても思うことになった。
ミックスジュースシェイクしようかと嫁からいつだったか言われ、売っていたのかなと思ったら、自宅でも作ることが一般的らしい。
たくさんの果物と氷をいれこんで、ミルクを挿入して家庭用のミキサーでシェイクして終わりだ。
ミックスジュースを作ったものを飲んだのは初体験だったが、すごくおいしかった。
感動したし、おもしろいし、俺もやっている。

怒って踊る友達とわたし

ブームが去った今、ニンテンドーDSに夢中になっている。
はじめは、英検対策にもっと英語漬けや英語関係のソフトを中心にしていたのみのことだった。
しかし、ヤマダ電機でソフトを見ていたら、他の物に気になってしまい、気に入るとすぐに欲しくなってしまう。
ソムリエDSやリズム天国、育成ゲームなどなど。
旅行に役立つ、中国語講座も発売されている。
例えば、電車内などのちょっとの空き時間には有効活用できそうだ。

どしゃ降りの月曜の日没に昔を思い出す
タリーズでもミスドでもどこででもコーヒーは飲める。
もちろん、部屋でインスタントを入れてもいいし、いろんな場所で

私が気に入っているのがスタバだ。
全席禁煙と言うのは、煙の苦手な私にとってありがたい。
そのことから、コーヒーの香りをより楽しめる。
値段も安くはないが、美味しい豆が使われているのでコーヒー通にはたまらないと思う。
甘いもの好きには入るたびにコーヒーと一緒に、ついついデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

雨が上がった火曜の夕暮れに熱燗を

旅でも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
なじみがあるのは、港町である釜山。
観光ももちろんだが、女の人だったら韓国コスメブランドや小物など興味がある方も多いのではないだろうか。
韓国の人見かけへのこだわり、つまり外見を磨くことに関しての力は素晴らしいといわれる。
転職や、お見合いの際に、日本よりもあからさまに判断される場合が多いとか。
という事で、韓国で発売される化粧品は、美容成分が日本の物より多く含まれている。
という事から、合う合わないは出てくるものの、効果は期待してもいいだろう。

じめじめした仏滅の夜に昔を懐かしむ
アパレル店員さんって絶対勤まらないと考えるのは自分だけだろうか。
出勤の度に、徹底的にコーディネイトしないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で仕事する時はスーツを着るといいし、メイクもシンプルでOKとされる。
外出するときは、自分で納得する格好で良いし、家で働くときはスウェットでもできる。
なので、きっと、ファッションにかかわる商売には、就けない。
服を選んでいると、店員さんがやってきて、服の説明やコーディネイトを教えてくれる。
どうしてもそれに固まってしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
これも、店員さんって大変と思う事の大きな理由の一つだ。

コンテンツ



Copyright (C) 2015 月に込めた想いは千里を走る All Rights Reserved.
↑先頭へ